和歌山東南ロータリークラブ

和歌山東南
ロータリークラブ

The Rotary Club of
Wakayama Southeast

事務所:073-423-3666

和歌山東南ロータリークラブ1 和歌山東南ロータリークラブ2 和歌山東南ロータリークラブ3 和歌山東南ロータリークラブ4 和歌山東南ロータリークラブ5

和歌山東南
ロータリークラブ

The Rotary Club of
Wakayama Southeast

RI SNS

トップページ > クラブ運営方針

クラブ運営方針

  • 中岡 隆文
    2018-2019年度 
    和歌山東南
    ロータリークラブ会長
    中岡 隆文
    (なかおか たかふみ)
インスピレーションになろう
  • RI会長
  • バリー・ラシン
  • RIテーマ
  • 「インスピレーションになろう」
  • [ BE THE INSPIRATION ]
  • インスピレーションになろう

クラブテーマ
「喜びと感動を」

現状のロータリー活動は会員が一番多かった時期に比べ約半数になり、5大奉仕の各委員会活動が現状を維持することができても、新しい取り組みを行うことは難しい状況となっています。会員の減少に伴い予算も縮小化の傾向にあります。人は小さな『喜び』、小さな『感動』であっても巡り合えれば幸せな気持ちになり、明日に向かって『元気』になれると信じています。
今年度は和歌山東南ロータリーの会員様には『喜びと感動を』感じていただき、ご家族の方々、他のクラブのロータリアンとご家族の方々、それぞれの奉仕事業をさせていただく方々には、小さくてもいい『喜びと感動を』与えられる、そんな活動を行いたいと思います。

今年度の計画としまして

1.クラブ奉仕は例会の出席を中心に、親睦活動の全員参加、姉妹クラブとの交流を充実し、その内容を会報により会員全員で共有するとともに、クラブ外へ発信することにより、会員数50名以上で50周年を迎えるべく5名の新入会員様の入会に結び付けられると考えています。そのためにも、それぞれの活動・事業に関係する人々に『喜びと感動を』感じていただき、クラブをさらに活性化したいと考えています。

2.職業奉仕は各会員及び近隣のロータリアンの職業を通じての奉仕を知り、社会奉仕は身近なところの問題に目を向け、国際奉仕では従来の活動を維持するとともに、過去の奉仕活動を掘り返し、また、新しい奉仕事業を模索し、50周年の記念事業を視野に入れた奉仕活動を考えたいと思います。

3.青少年奉仕は、継続事業のさらに発展さすとともに、地区事業への参加も考えます。

皆様方の賢慮のないご意見をお聞かせいただき、この和歌山東南ロータリークラブを発展させていきたいと思いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。