和歌山東南ロータリークラブ

和歌山東南
ロータリークラブ

The Rotary Club of
Wakayama Southeast

事務所:073-423-3666

和歌山東南ロータリークラブ1 和歌山東南ロータリークラブ9 和歌山東南ロータリークラブ10 和歌山東南ロータリークラブ3 和歌山東南ロータリークラブ11 和歌山東南ロータリークラブ5

和歌山東南
ロータリークラブ

The Rotary Club of
Wakayama Southeast

RI SNS

トップページ > クラブ運営方針

クラブ運営方針

  • 鯵坂 恒夫 2020〜2021年度
    和歌山東南ロータリークラブ会長
    鯵坂 恒夫
    (あじさか つねお)
ロータリーは機会の扉を開く
  • RI会長
  • ホルガー・クナーク
  • RIテーマ
  • 「ロータリーは機会の扉を開く」
  • 「ロータリーは世界をつなぐ」
  • 2640地区スローガン
  • 「ロータリーと共に寄り添い奉仕の扉を開こう」
  • クラブスローガン
  • 「親睦は奉仕、継続は力」

今期は和歌山東南ロータリークラブ50周年です。半世紀も存在理由を保ち続けてきたということは、それだけで価値のあることです。私たちはこの価値を今期、来期、そしてその次も、引き継いでいきましょう。

世の中はしかし、50年の間に様相が変わりました。工業化と高度成長が行き着き、情報化が進み、少子高齢化が現実になりました。変えることなく大切にするべき行動と、新たな局面への対応の両方を実践しましょう。

そのためには計画ということが必要です。具体的にどの活動を実行するのか、その実現可能性とリスク要因はどうかと、クラブをあげて検討しましょう。

ロータリーの価値観の常に筆頭にある奉仕(service)は、スポーツのサーブから連想されるように、提供するという印象が強いですが、受け手の本来の要望をしっかり見きわめることが重要です。そういう目を持つためにも、価値観の二番に挙げられる親睦(fellowship)を深めましょう。